top of page

カウンセリングの活用方法

カウンセリングで投資先をジャッジする

攻めのカウンセリングを取り入れる理由🌱


社員が実は思っているけど

会社には言えない または

会社に言うようなことではないかな~

というホンネがカウンセリングでは出てきます。


ご本人の許可のもと、ご本人に不利益が講じないよう

経営層へフィードバックをします。


先日もそんなホンネをお伝えしたところ

「確かにそうですね!すぐに環境整えます」

との二つ返事。

社員にとっては難しいと思っていることも

経営層にとっては対応が簡単な事項

ということも意外ととても多いです。


社員さんとしては勇気を出して言うべきか

躊躇し遠慮していたことが

カウンセリングの翌日には動き出す。

会社の姿勢に"感謝"や"愛"

(言い過ぎか!?笑)

が生まれていくわけですね。


職場でのカウンセリングは

お金をかけて整えることだけでなく

お金をかけなくても調整できる事

を検討していくきっかけにもなります。


カウンセリングでホンネを吐き出す場を提供する

というのも福利厚生的にもメリットがありますが

更に

フィードバックを受けて終わり

ではなく、活かす !!!

=カウンセリングを経営に"活かす"

という点で相乗効果がうまれるわけです。


これまた、社員想いの会社にホッコリです。



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page